新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由

若者の車離れが進み、車が売れない時代に成っています。そんな中で好調なのが軽自動車です。中古車も売れています。

新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由

新車も中古車も軽自動車が売れているそうです。

新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由
軽自動車は、新車を買っても中古車を買っても維持費が非常に安くなります。
これが一番のメリットだと言えます。
自動車で一番困るのは、維持費が大きく掛かって来ることです。

維持費が無ければ車の購入資金だけで問題は無いのですが、車を乗っていくためには維持費はイヤでも払っていく必要があるのです。

最近の多くなっているのがカーシェアリングです。

自分自身は車を購入せず、必要なときだけ借りるという考え方です。

軽自動車なら、カーシェアリングをおこなうよりも年間の出費が抑えられるはずです。

おまけに自分で所有出来るのですから、僅かな費用で車が持てるのですから、これほど便利なことはありません。軽自動車なら自分の車として自宅に置いて置けるのですから。カーシェアリングでは、置いてあるとことまでは出かける必要があります。
自宅を出ると同時に、車に乗って出かけられると言う事は非常に便利です。

また時間を気にせず車を利用することが可能です。

そう考えるとケーシェアリングを利用するより、軽自動車を一台所有する方が賢いと言えそうです。

その気軽さがが受けて、車の売れないこの時代においても軽自動車は売り上げを伸ばしていると言えます。
軽自動車なら、ほとんど維持費は必要無いのですから、これほど良い車はありません。特に最近の軽自動車は20年ほど前の車とは雲泥の差です。

耐久性は高くなっていますし、性能も良くなっています。
おまけに装備もほとんど乗用車と変わりません。これなら中古車を買っても長く乗ることが可能です。

これほど便利で楽に乗れる車種は軽自動車以外には考えられないのです。

また、女性が買い物に出かけたり、幼稚園への送迎に出かけたりと、そんな用途でも非常に使用がしやすい車だと言えます。
小回りも効く上に、狭いスペースにも簡単に止められます。
足代わりとしては申し分無いと言えるのです。

おまけに現在の車は燃費も非常に良くなっています。
益々維持費が必要なくなっているのです。

関連情報

Copyright 2017 新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由 All Rights Reserved.