新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由

近年、経済的な理由からなのか軽自動車の販売が好調であります。特に中古車市場においては顕著であります。

新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由

軽自動車が主流の中古車市場

新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由
近年は、軽自動車の性能向上に伴い、自動車販売における好調が続いております。
当然ながら、中古車の市場においても同様であります。
この人気の要因として考えられるのは、税金を始めとする車両維持費が掛からないところが一番でありましょう。何よりもコンパクトで燃費が良いところが、ユーザーにとって最大の魅力であるのは間違いありません。

さて、車社会の現代においては、一家族に数台を所有するのが当たり前となりました。
そこで、セカンドカーとして軽自動車が選ばれる傾向が高くあります。
勿論、車両維持費が掛からないところがニーズに合致しているのでしょう。この場合には、新車よりも中古車が選ばれるケースが多いみたいであります。
こうして選ばれたセカンドカーは、近所の買い物を始めとして、多目的に活用される事でしょう。また企業においても、最近は営業車両として、軽自動車が積極的に利用されているのが目立ちます。
そこで、自動車メーカーにおいても、実用重視の安価なモデルを用意して、あらゆるニーズに応える努力がなされています。
今後は、耐久性の向上が課題でありましょう。

ところで最近は、日本の軽自動車人気が海外にも浸透してきております。
特にアジア圏の国々の場合には、自動車メーカーの製造工場も多数点在しております。
そして、その国々の人達にも愛用されています。
しかし、日本との経済格差の問題もありますので、この場合には日本からの中古車が人気を集めている様子であります。

Copyright 2018 新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由 All Rights Reserved.