新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由

軽自動車を購入する際に大切なのが車重だと思います。中古車を購入時にもネットなどで検索すれば簡単にヒットします。

新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由

軽自動車の中古車を購入する際はネットなどで車銃を調べる

新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由
軽自動車は660ccという少ない排気量からアップダウンがきつい日本の公道を走るだけのパワーを捻出しなくてはなりません。軽自動車の平均車重は約700キロです。

一方で二輪車の650ccの車重は160〜170キロです。

馬力は軽自動車のターボ車と同等の60馬力程度ですが、物凄く速いです。

この差はパワーウウェイトレシオという数値が大きく影響しています。
パワーウェイトレシオを簡単に説明すると1キロの車重を引っ張る馬力の数値です。

この数値が高ければ高いほど性能が良いです。

ターボの付いていない軽自動車の馬力は50馬力ほどです。

この馬力で700キロもの重量を引っ張るのは少々負荷が掛かります。
軽自動車にターボを取り付けても然程燃費が悪化せず、むしろトルクや馬力が増えるので良い方向に転じます。

ターボは価格が高めなので、ノンターボを選びたい場合は車重に注目するのが良いでしょう。車重が軽ければ軽いほどパワーウェイトレシオが向上します。
これはターボ車にも言える事ですが、車重が軽くなると燃費もよくなりますし、乗りやすくなります。
車重はカタログなどを調べれば簡単に調べることが出来ます。
中古車を購入する際などにも、Web検索をすれば簡単にヒットするでしょう。また、実際に試乗することも大切です。

カタログを見るだけでは実際の走りは分かりません。走りも大事ですが、何だかんだ言ってもやはりスタイリングが一番だと思います。
スタイリングが気に入れば燃費が多少悪くても乗りづらくても気に入るものです。

スタイリングが気に入った車に上記の要素が含まれていれば完璧でしょう。自分の直感を信じてみるのも良いと思います。

Copyright 2018 新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由 All Rights Reserved.