新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由

普通車と軽自動車はメリットとデメリットを考えて、店員とよく話し合った上で中古車選びに専念したい。

新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由

中古車の軽自動車は吟味すること

新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由
私は最近、中古車の軽自動車が欲しかった。新車ではなく中古車を選ぶ理由としては、値段が安いということ。燃費や走行距離もとても気になる所ではあります。
よくCMでも中古車販売店が強く言っていることは、何十箇所の点検をクリアしたものだけを、おいてますという売り文句。目に見えないイスの中の汚れも機械で取っている所なども、前に見知らぬ使用者であることの嫌悪感を無くしていることが買い手は安心すると思う。もちろん中古車といえば、値段は様々だが、私が注意しておいて欲しいと思うことは、安ければいいというものではないということ。失礼な話、安さの裏には何かあると思ってしまう。中には、事故車の経歴を持つ中古車でも、事故車であることを隠して販売している所も少なからずある。安いと事故車は紙一重と言ってもいいですかね。一番重要なことは店員とよく話し、中古車のメリットとデメリットをよく聞くことだと思う。命を、乗せる訳であるから安全性というものは一番に考えなくてはならない。また普通車と軽自動車での違いは、やはり軽自動車よりも普通車が車検も高い所や小回りしにくい所に自分としてはデメリットを、感じる。たくさんの荷物、家族を乗せるのてあれば、普通車のほうが便利ではあるが、買い物程度であれば軽自動車で十分かもしれない。ただ私が怖いのは安全性という所。やはり軽自動車が弱いので少し抵抗がある。普通車の場合は、やはり車体が全体的に大きく、車内も広い。軽自動車と普通車のメリットとデメリットも買い手はよく考えて欲しい。家の次に高い買い物になるのだから。

買い手は、中古車の軽自動車を選ぶ場合に、走行距離や燃費、何年台のものなのか、事故車ではないのか、値段はそれ相応のものなのかを吟味していくことが必要だと思う。また定期点検など本来新車であれば購入店にて行って貰えるが、中古車販売店だとその場限りとなってしまうので、信頼のおける点検会社を最初から探しておいたほうがいいのかもしれない。

Copyright 2018 新車でも中古車でも軽自動車が売れている理由 All Rights Reserved.